鰻谷商店街の歴史
UNAGIDANI UNION

鰻谷商店会とは
UNAGIDANI UNION

鰻谷商店会事業共同組合。鰻谷通りに在籍する約250企業(2011年3月現在)が加盟する団体。理事会および委員会で構成され、鰻谷通りの治安維持、通りのメンテナンス、公共広告の管理、在籍企業の把握、地域活性化などを担っています。

【主な活動】
・会員会費の管理・運営
・ITによる情報配信(HPの運営など)
・防犯カメラの設置
・地域活性化のためのイベントの企画、運営
・街路灯のメンテナンス
・看板・のぼりの受注
・放置自転車、不法看板などの整備
・地域の清掃活動

活性化委員会定例会議

鰻谷商店会活性化委員会
UNAGIDANI UNION ACTIVITY

当委員会は、鰻谷商店会事業協同組合の1組織で、鰻谷通りの来街者数を増やし、より活性化するために結成されました。組合員の約10企業のスタッフで構成しており、2011年1月よりITを活用した情報運用による活性化事業を新たに進めています。当事業は平成22年度の国の補正予算による助成金対象事業として認定され、この事業により会員数の増加を実現し、また、映像や携帯電話、HPなどを活用した新たな「鰻谷商店街」としての展開を試みています。

2011年3月
大鰻マップの配布イベント

鰻谷川柳委員会
UNAGIDANI SENRYU UNION

2011年1月より鰻谷北通りを「川柳通り」の愛称に変更。投句された一般の方の作品から49句を、川柳通りの街路灯に掲揚しています。
3ヶ月ごとの作品の入れ替え、作品の選考、川柳を通した地域との交流等を企画、運営しています。

2011年1月川柳通り開通式