トップ > 鰻谷の歴史

鰻谷の歴史

■鰻谷の名前の由来

市川ビル前身の旅館風景

市川ビル前身の旅館風景

昭和31年頃新橋より南方向

昭和31年頃新橋より南方向

昭和31年頃新橋より東方向

昭和31年頃新橋より東方向

昭和31年頃三休橋北端より南方向

昭和31年頃三休橋北端より南方向

昭和51年10月鰻谷通り

昭和51年10月鰻谷通り

「角川日本地名大辞典」より

鰻谷
 「近世」江戸期〜明治5年の町名。江戸期は大坂3郷南組のうち。1〜2丁目がある。 慶長14年の三津村検地帳に「おなぎだに」の名が見え、元和元年間の町割荷よって大坂 三郷に編入され町名となった。鰻谷の名は地勢に由来する。

 空堀まちはその北部の谷筋に当たる所が西へかけて幾分かの高低を残し、この凹地が鰻と何らかの関係あり呼びならわされたという。(鰻谷中之町の今昔)
明暦元年の水帳で鰻谷1〜3丁目が見えるが、元禄7年の水帳では1〜2丁目となっている。(南区志)
2、3丁目を合わせて2丁目となったのは延宝8年という。(鰻谷中之町の今昔)
ただし明暦3年の新板大坂之図には、長堀川南2つめの通りが、東横堀川から西横堀川にかけて鰻谷1〜11丁目とある。正式町名か俗称かは不詳、また高間町はもと鰻谷7丁目と称したという。(初発言上候帳面写/大阪市史5)

 1丁目は「長ほり南側一すじ内ノ丁、よこ堀西は新橋筋」までの南側だけの町で(宝暦町鑑)元禄13年の大坂三郷水帳寄せ帳による家数17軒、役数23うち無役数1(年寄)、年寄は古金屋仁兵衛。2丁目は新橋(板屋橋)から西の中筋橋の南側だけの町で(同前)、元禄13年の同帳による家数26軒、役数35.5無役数2(年寄、会所)年寄は帯家善左衛門。明治2年大阪南大組に所属。同年鰻谷中之町、鰻谷東之町、長堀橋筋1〜2丁目となる。



鰻谷商店街へのアクセス
・大阪市営地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」下車 北側改札出て地下南10 番出口すぐ
・大阪市営堺筋線 長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車すぐ