トップ > 鰻谷商店会について > 助成金事業 鰻谷商店街活性化

助成金事業 鰻谷商店街活性化

■平成22年度地域商業活性化事業(補正予算事業)
 「デジタルコンテンツと情報運用による鰻谷通り活性化事業」について

鰻谷通りの来街者数を増やし、集客を計るため、デジタルコンテンツを活用し情報を運用することで、若者を初め幅広い層にアピールための平成22年12月よりはじめたプロジェクトです。
当事業は鰻谷商店会事業協同組合と一般企業、関西大学(政策創造学部)が連携して実施した産学連携のプロジェクトでもあり、経済産業省の平成22年度地域商業活性化事業(補正予算事業)に採択され、国からの助成金対象事業となりました。
【参考】http://www.meti.go.jp/information/data/c110117cj.html


【主な事業内容】
(1)鰻谷商店街マップの作成 [大鰻MAPの“養殖日”]
2011年3月17日養殖式(大鰻マップ印刷)
2011年3月17日養殖式(大鰻マップ印刷)
鰻谷通りのビルや店舗を活性化委員会にて調査したデータのもと、大阪のクリエイター4名で商店街マップ(以後、大鰻MAPと呼ぶ)を作成しました。
3月17日(木)に大興印刷株式会社にて、1万部印刷。その日を通称「養殖日」とし、関係者を集めてイベントを行いました。

大鰻マップ
      約90cmの大鰻マップ(鰻谷商店街の各店舗で配布しています)






2011年3月26日放流式(大鰻マップ配布)
2011年3月26日放流式(大鰻マップ配布)
(2)QRコード(※1)を利用した30秒プロモーション映像の配信
大鰻MAPにQRコードを掲載し、そのQRコードを携帯電話で読み込むと、
各店舗のプロモーション映像が配信されるコンテンツ。
このプロモーション映像現在約200本は、各店舗への取材、撮影、および編集まで
すべて関西大学の政策創造学部の深井ゼミ、橋口ゼミの学生さんによって制作されました。
撮影・編集を含め制作期間は約1ヶ月。









旭堂南陽氏による講談「鰻谷」
旭堂南陽氏による講談「鰻谷」
(3)鰻谷商店街PRイベント[大鰻MAPの“放流日”]
3月26日、鰻谷商店会事業協同組合主催でイベントを開催。主なイベント内容は下記。
 1)式典(湖月前にて)
 2)大鰻マップの配布
 3)CM映像上映
 4)当日の様子をUstreamで配信
 5)旭堂南陽氏による講談「鰻谷」
 6)鰻マップと連動した割引サービス(うなぽん)


【事業による効果】
会員の増加
鰻谷商店会会員、約130店舗(2011年2月上旬当初)であったのに対し、プロジェクト進行の1ヶ月間に約100店舗新規会員加盟に成功、
それにより現在鰻谷商店会加盟店舗数は約210店舗になっております。(2011年3月1日現在)。


※QRコード(株)デンソーウェーブの登録商標です。
鰻谷商店会 ご入会のご案内
鰻谷商店会街では、常時ご入会いただける店舗さま、企業様を募集しております。
入会ご希望の方は、下記フォームに記入しお送りいただくか、事務局までご連絡ください。

入会申込みフォーム

 

 

 


【入会申込、お問合せ】
鰻谷商店街事業協同組合
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-12-3-305(協栄ビル)

電話:06-6251-9170 / FAX:06-6251-9180
鰻谷商店街へのアクセス
・大阪市営地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」下車 北側改札出て地下南10 番出口すぐ
・大阪市営堺筋線 長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」下車すぐ